レーシックの裁判例

レーシックの裁判例 

日本では2000年に、エキシマレーザーによる角膜の屈折矯正手術としてレーシックが認められました。
それまでの屈折矯正手術としては、RK手術などが主流でしたが、医師の説明義務違反や術後の後遺症などの問題で裁判になったことがあります。

最近では訴訟にまでいたるケースは少ないようですが、これは技術の進歩ということに加えて、説明義務違反とならないように、医院側は手術前に患者の「同意書」を取るようになったことも、その要因であるといえるでしょう。

ただし、実際に訴訟にまで至るケースは少なくなったとはいえ、手術の際の医師の過失や、術後の経過が思わしくないようなことが、全くなくなったということはないでしょう。 安全性の高いといわれている手術でも、医師のモラルや技量によっては、結果が伴わないのはいうまでもありません。

過去のレーシックに関連して起こった裁判の判例については、次をご覧ください。

平成15年03月31日 錦糸眼科発信者情報開示請求勝訴事件

平成17年03月04日 LASIK術後の右目視力障害における賠償請求事件

平成18年03月16日 近視手術失敗にともなう損害賠償請求事件

平成19年02月16日 レーシック術後の合併症(ハログレア、角膜拡張症及び
近視性乱視) における損害賠償請求事件

平成20年01月30日 LASIK術後の視力低下における賠償請求事件

平成20年11月05日 近視手術の説明義務違反にともなう損害賠償請求事件

平成23年10月06日 スパーテルを誤った位置へ侵入させ、原告の右眼
角膜を損傷させたことに対する損害賠償請求事件

投稿日:2020年8月21日 更新日:

執筆者:

新しい記事はありません

現在、とても人気の手術となっている眼のレーシック手術に対する警告の内容です。
今回、レーシック手術を当初認可した国の担当官が、現在ではその手術の危険について語り始めています。レーシックの何が危険なのでしょうか?その内容について、当局ABCニュースのエリザベス・レイミーがインタビューを行いました。

「レーシック手術の落とし穴 “2.0なのに
見えない・・・”体験者が語る“過剰矯正”
の恐怖 」

このテレビ番組は、このサイトにも紹介していますレーシック難民オフ会のメンバー9人のかたがたも東京でテレビ局からの取材に協力されて、フジテレビにより製作放映されたもので、医療ジャーナリストの伊藤隼也氏が監修されました。

ちなみにメンバー9人が手術を受けたクリニックは品川近視クリニック5名、神戸クリニック1名、錦糸眼科1名、他眼科2名です。

このサイトには、リンクの切れたURLが何か所かあります。上の「WaybackMachine」をクリックし該当サイトのURLをフォームに入力して「BROWSE HISTORY」をクリックします。すると過去に取得したアーカイブが、カレンダー形式で表示されます。画面の上段で西暦を選んだのち、その下に表示される月次カレンダーで日付を選べば、指定日に取得したアーカイブが表示できます。

PAGE TOP